茶の湯 in サンフランシスコ ・ Japanese Tea Ceremony を San Franciscoで

表千家四方社中の茶の湯ブログ Japanese Tea Ceremony Blog for Shikata Shachu – Omotesenke


Leave a comment

鈴木大拙館・D.T. Suzuki Museum

20170403-095114

鈴木大拙 (1870-1966)は金沢出身の仏教哲学者でした。日本の禅文化を海外に広くしらしめたことで知られています。

D.T. Suzuki (1870-1966) was a Buddhist philosopher from Kanazawa.  He is well-known for spreading Japanese zen culture overseas.

DSC05863

鈴木大拙館は鉄筋コンクリート造のモダンな建築なのですが、禅寺にいるかの様な平和な気持ちになる不思議な空間です。

The museum is a modern building of concrete and steel, and yet it makes you feel peaceful – as if at a zen temple.  A very mysterious space.

「花のまっただなかに自己を喪失して、初めて私は自己を知り同時に花を知ったのである。」鈴木大拙

“By losing myself in the middle of the flower, I found myself for the first time, and at the same time came to know the flower.” D.T. Suzuki

「花」を「茶」に置き換えられますね。

I think here “flower” is interchangeable with “tea.”

Advertisements


Leave a comment

水次薬缶の蓋・Lid for Mizutsugiyakan

imga100a10fzikczj

また面白いことを読みました。

An interesting reading – again.

水次薬缶の蓋には空気穴がないことをご存知ですか。水次薬缶は蓋と受け口の大きさが違い、一見きっちりと合わないようにも見えます。しかし、この”ずれ”が空気を通し、薬缶の口から水をスムーズに流すしくみです。蓋や受け口を濡らしたまま閉めると、互いが吸い付き空気が通らず、水が出にくくなることがあります。

Did you know that there is no hole in the lid of mizutsugiyakan?  The size of the lid and the opening of mizutsugiyakan may seem mismatched as they do not exactly fit.  But this “mismatch” allows the air to flow through and let the water run smoothly from the spout.  If the lid or the opening is still wet, they stick together, thus interfering with the airflow and the flow of the water.

茶道雑誌2017年8月号・Sado’u Zasshi (August 2017)


Leave a comment

箱根茶会 2017・Hakone Chakai 2017

20171029_114858-EFFECTS

Hakone Chakai is an event held annually at Hakone Gardens in Saratoga, CA.  It is an opportunity for the Bay Area tea practitioners of different schools to come together and share our common bond through chanoyu.

箱根茶会はカリフォルニア州サラトガ市にある箱根ガーデンズで毎年行われる行事です。これを機会にサンフランシスコ・ベイエリアのお茶を嗜む方々が流派の違いに関らず集まって、茶の湯を通じて経験を分かち合おう、という趣旨です。

20171029_115131

Groups from Urasenke, Omotesenke, Da’inihonchado’ugakkai, Edosenke served tea at various facilities within the gardens.

裏千家、表千家、武者小路千家、大日本茶道学会、江戸千家からのグループが庭園内の様々な施設でお茶を点てました。

It was a pleasant autumn Sunday.  We visited one Urasenke session (ryu’urei at table) and two Omotesenke sessions (usucha, ko’icha).

当日は気持ちの良い秋の日曜日でした。私達は裏千家さんのお席一席(立礼)と表千家のお席二席(薄茶、濃茶)にお邪魔しました。