茶の湯 in サンフランシスコ ・ Japanese Tea Ceremony を San Franciscoで

表千家流四方社中の茶の湯ブログ Japanese Tea Ceremony Blog for Shikata Shachu – Omotesenke


Leave a comment

小袋棚 Kobukurodana

炉風、炉兼用の棚で、表千家 13 代 目即中斎(そくちゅうさい)無盡宗 左(むじんそうさ)が昭和35年頃の住宅事情に合わせ、好まれたそう です。

This is a shelf that can be used for both furo and Ro. Kobukurodana was reportedly favored by the 13th Grand Master Sokuchuʼu-saʼi. He preferred this type of shelf to fit the housing situation around 1960.

風炉の時期には地板に風炉釜を置き、炉の時節には柄杓立て、建水を置き、諸飾りのお点前をすることも出来ます。 そして、地板を取り除けば地袋 だけでもお点前が出来、本当に幅広く使えるお棚です。

During furo season, a furogama can be placed on the base board, and during ro season, a hisyakutate and kensui can be placed on the base bord. You can use it for morokazari. If you remove the base board, you can use the jibukuro by itself. This kobukurodana is very useful.


Leave a comment

香炉とお地蔵さま Koro and Jizo

こちらの香炉、割れているのか?と思いきや、アメリカン楽焼きの工程で釉薬が急冷されて出てくる貫入 にススが入って黑くなった線です。貫入とは釉薬の表面にできたひびの事です。貫入は光を受けて私たちに多様な表情を見せてくれます。日本や中国では古来より鑑賞上の見どころのひとつとなっています。こちらの香炉はEtsuko Bram さんの作品です。

日本で生まれ育った悦子さんは、2002 年にサンフランシスコで陶芸工房に出会った事を機に、陶芸界に加 わりました。インスピレーションとモチベーションを求めて、日本の窯元を訪れることもあります。彼女は Maker Faire と全国陶芸教育評議会(NCECA)に所属されています。

☆アメリカン楽焼き
日本の伝統的な楽焼きが欧米で発展し、確立した焼成方法です。 日本の伝統的な楽釉では、鉛を使う事が多いようですが、アメリカン楽焼ではアルカリフリットを主原料としています。

This is Koro. Koro is a censer often used in Japanese tea ceremony. Is this Koro broken? This black line is made by quenching the glaze and adding soot to the cracking. This is the process of American Raku pottery. The clacking looks different depending on the light.
This is a work by Etsuko Bram. Born and raised in Japan, she joined the ceramics world upon discovering a clay studio in San Francisco in 2002. For inspiration and motivation, she visits Japanese pottery villages. She has participated in Maker Faire and the National Council on Education for the Ceramic Arts (NCECA).

☆American Raku pottery

American Raku pottery was established by the spread of Japanese Raku pottery in Europe and the United States. Lead is often used in traditional Japanese Raku pottery, but in American Raku pottery, alkaline frit is the main ingredient.

こちらのお地蔵さんも香炉と同じく Etsuko Bram さんの作品です。とても可愛らしくて見ている だけで心が安らぎます。いずれも作家さんの個性、お人柄が感じられる作品です。

This Jizo was also created by Etsuko Bram. It’s so cute and makes me feel at ease.

The Jizo is a guardian deity who protects the souls of children from falling into hell, whose stone statue in the form of a Buddhist monk is often found by the roadside in Japan.


Leave a comment

円相 無尽蔵 ~Enso Mujinzo~ 小林太玄 師(大徳寺 黄梅院)

ダイナミックな円相が印象的な掛け軸です。小林太玄師の字はダイナミックで力強い字が特徴的で特に茶道家の間で人気ですが最近では日本以外の国でも人気になりヨーロッパでも太玄師の掛け軸を購入される方がいらっしゃるそうです。

The calligraphy was written by Master Kobayashi Taigen,the chiefpriest of Obainn,subtemple of Daitokuji temple in Kyoto. His work is dynamic and strong, and popular in Japanese Tea Ceremony. Lately, his work is getting popular in countries other than Japan.

『円相』は悟りの象徴、人の心が本来は皆、円満で平等なものであるということを示しています。

『無尽蔵』先入観を捨て、無一物に徹し、虚心に学べば逆に全てが無尽蔵に湧き出てくるということです。無に徹しきったところにこそ尽きることのない世界が開けてくると言うことを示しています

“Enso” is a symbol of enlightenment, it means all one’s minds is peaceful and equal.

“Mujinzou” means that if you throw away with stereotyped ideas, and learn from your imagination, you will come up with a lot of ideas.