茶の湯 in サンフランシスコ ・ Japanese Tea Ceremony を San Franciscoで

表千家四方社中の茶の湯ブログ Japanese Tea Ceremony Blog for Shikata Shachu – Omotesenke


Leave a comment

山月半輪・Half Moon over Mt. Gabi

峨眉山月半輪秋
影入平羌江水流
夜発清渓向三峡
思君不見下渝州
(李白)

峨眉(がび)山月(さんげつ)半輪の秋。
影は平羌江(へいきょうこう)の水に入りて流る。
夜、清渓(せいけい)を発して三峡に向かう。
君を思えども見えずして、渝州(ゆしゅう)に下る。

Gabi sangetsu hanrin no aki
Kage ha He’ikyo’uko’u no mizu ni irite nagaru
Yoru, Se’ike’i wo hasshite sankyo’u ni muka’u
Kimi wo omo’edomomi’ezushite Yushu’u ni kudaru
(Rihaku/Li Bai)

峨眉山の上に、半輪の秋の月がかかっている。その光は、平羌江の川面に入るように映って、水とともに流れる。そんな秋の夜、私は清渓の船着場を発して、三峡へ向かう。やがて両岸の山がせまって、見たいと思っていた月も見えないまま、渝州へと下っていくのであった。

There lies an autumn half-moon over Mt. Gabi (Mt. Emei).  Its light reflects off the surface of He’iko’u River and flows with the water.  On such an autumn evening, I depart from the dock at Se’ike’i and head toward Sankyo’u (Three Gorges).  Mountains are pressing in, and I continue my journey down toward Yushu’u without having seen the moon I wanted to see.

 

【参考・References】

http://kanshi.roudokus.com/gabisan.html

http://nbataro.blog.fc2.com/blog-entry-436.html

Advertisements


Leave a comment

着物の季節・Seasons for Kimono

20170923_105017

着物の季節は二十四節気に合わせるとよいそうです。

24 solar terms (Niju’ushisekki) provides guidance for appropriate seasons for different types of kimono.

  • 「立夏」から単衣。Hito’e (unlined kimono) from Rikka.
  • 「夏至」から絽や紗の薄物。Sheer fabric (like ro or sha) from Geshi.
  • 「白露」でまた単衣。Back to hito’e from Hakuro.
  • 「寒露」から袷。Awase (lined kimono) from Kanro.

春と冬は袷、初夏が単衣、盛夏と初秋が薄物、晩秋がまた単衣、となりますね。

Therefore, spring and winter are seasons for awase, early summer is for hito’e, mid-summer through early autumn are for sheers, and late autumn is for hito’e again.

とは言え、これは目安であり実際は土地の気候にあわせて調節するのでしょう。例えばサンフランシスコでは夏が涼しく、秋が暑いのでそれをしないと大変です。

But this is just a guide.  It may be best to make adjustments based on the climate of the locality.  For example, San Francisco has a cool summer and a warm/hot autumn, which makes it difficult to strictly stick to the guide.

古代中国二十四節気・24 Solar Terms of Ancient China

* はグレゴリオ暦のおおよその対象する日付
* indicates approximate corresponding date on the Gregorian calendar

春・Spring
1月 2月 3月
節(せつ) 中(ちゅう) 節(Setsu) 中(Chu’u)
立春Risshun
2月4日*
雨水
Usui
2月19日*
啓蟄Keichitsu
3月6日*
春分Shunbun
3月21日*
清明
Se’ime’i
4月5日*
穀雨
Koku’u
4月20日*
夏・Summer
4月 5月 6月
立夏
Rikka
5月5日*
単衣/Hito’e
小満
Sho’uman
5月21日*
芒種
Bo’ushu
6月6日*
夏至
Geshi
6月21日*
薄物/Sheer
小暑Sho’usho
7月7日*
大暑
Ta’isho
7月23日*
秋・Autumn
7月 8月 9月
立秋Risshu’u
8月7日*
処暑
Shosho
8月23日*
白露
Hakuro
9月8日*
単衣/Hito’e
秋分Shu’ubun
9月23日*
寒露
Kanro
10月8日*
袷/Awase
霜降So’uko’u
10月23日*
冬・Winter
10月 11月 12月
立冬
Ritto’u
11月7日*
小雪
Sho’usetsu
11月22日*
大雪
Ta’isetsu
12月7日*
冬至
To’uji
12月22日*
小寒
Sho’ukan
1月5日*
大寒
Da’ikan
1月20日*

 

【参考・Reference】

http://wabiji.web.fc2.com/learn/1.htm

https://magazine.kiraku-web.jp/which-kimono-should-i-wear-for-tea-party/


Leave a comment

寒露と霜降・Kanro and So’uko’u

武蔵野・Musashino
by 原史郎(高取焼)・Shiro Hara (Takatori ware)

寒露(かんろ)秋分から数えて15日目の10月8日頃に始まり、霜降(そうこう)までの15日間をいいます。寒露とは、野草に宿る冷たい露を指すそうです。大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなり、夜には月も美しく見えます。

Kanro run for 15 days from around October 8 – about 15 days from Shu’ubun – up to So’uko’u.  “Kanro” (cold dew) refers to those cold dewdrops in the field of grass.  We enjoy many a day of clear autumn sky thanks to stable atmospheric conditions.  The moon is particularly beautiful in this season at night.

霜降(そうこう)は10月23日頃から立冬までの15日間です。秋が一段と深まり、朝霜が霜に変わる時期ということなのでしょう。

So’uko’u is a 15-day period from about October 23 until Ritto’u.  “So’uko’u” literally means “falling frost” – perhaps because the cold dewdrops are now turning into icy frost.

風炉の季節も終わり近くとなります。風炉を客に近づけ、逆に水指を遠ざけて風炉のかげに置く「中置」を広間では行います。風炉を畳の中央に置くことから「中置」と呼ばれています。

Furo season is coming to an end.  “Naka’oki” is practiced in hiroma (a large room) to bring furo (a brazier) closer to the guests and remove mizusashi (a water jar) away and behind furo.  Because furo is placed in the middle of tatami, it is called “naka’oki” (center placement).

武蔵野・Musashino
by Tonatsu (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

【参考・References】

http://koyomigyouji.com/24-kanro.html

http://koyomigyouji.com/24-sou.html

Originally published October 2, 2015