茶の湯 in サンフランシスコ ・ Japanese Tea Ceremony を San Franciscoで

表千家四方社中の茶の湯ブログ Japanese Tea Ceremony Blog for Shikata Shachu – Omotesenke


Leave a comment

ミレニアル世代・Millennial Generation

P1010997

I read somewhere that young people born in years ranging from the early 1980s to the early 2000s are called “Millennials” or “Generation Y“.

1980年代初期から2000年代初期に生まれた若い人達を「ミレニアル」や「Y世代」と呼ぶと読んだことがあります。

We often welcome “Gen Y” tea students who attend schools in the San Francisco Bay Area.  Some are here for a summer school.  Or for a language school.  Others may be attending a four-year university.  Many are from other U.S. states or even other countries, including Japan.  Whatever the case may be, we feel fortunate to have met them and shared a bowl of tea – even for a short time.

サンフランシスコ・ベイエリアで学校に通う「Y世代」のお茶の生徒さんを社中にお迎えすることが多いです。夏期講習や語学学校、4年制大学など様々です。カリフォルニア以外のアメリカの他の州からの方々や、日本を含むアメリカ以外の国からの方々など多様です。どのような状況であれ、たとえ短い間であってもお会いできてお茶を一緒にいただけたことを嬉しく思います。

Beyond barriers of borders and languages, tea is the uniting force that brings peoples – and generations – together.  That awareness is awe-inspiring.

国境や言語の壁を越えて、様々な人々(そして違った年代)を一緒にしてくれるのがお茶の力です。それを考えると荘厳な気分になります。

【参考・Reference】

http://en.wikipedia.org/wiki/Millennials

Advertisements


Leave a comment

先生のご訪問・Reverend’s Visit

 

サンフランシスコ日蓮寺に妙壽寺の園田先生が11月上旬にご訪問されました。ベイエリア在住の檀家さんの秋の法要のためのお出掛けです。残念ながら三吉ご住職はお見えになれませんでした。

Rev. Sonoda from Myoju-ji visited San Francisco Nichiren-ji temple in early November.  The reverend was  visiting San Francisco to attend to temple members living in the Bay Area for autumn services.  Abbot Miyoshi could not travel this time.

お寺からお茶室をお借りして稽古をしている上、常々お世話になっておりますので園田先生をお迎えしてお茶を差し上げました。

As we are renting the tea room from the temple and Myoju-ji has been kind to us, we invited the reverend for tea to show our gratitude.


Leave a comment

炉開き2014・Ro Opening 2014

Image 丹波焼呂宋形茶壷・Tanba ware tea jar in Ruson shape

本社中でも炉の季節となりました。立冬のころに炉が開かれます。柚子や柿が色づく頃、吐く息が白く見える頃、という教えもあるそうです。やはりお茶は季節の移りに合わせているのですね。

Our shachu has entered another ro season as well.  Ro is generally opened around the time of ritto’u.  Some teachings may indicate that it should coincide with the time of pomelos or persimmons turning yellow or orange, or one’s breath turning white.  As anything related to tea, it closely follows seasonal changes.

壷飾りをするのもこの時期です。利休のころには茶壷は「大壷」、茶入は「小壷」と呼んだそうです。

This is also the time for tsubo kazari (displaying a tea jar).  In the time of Rikyu, what we call chatsubo was called “o’otsubo” (a big jar) to distinguish from cha’ire or “kotsubo” (a small jar).

中世の日本では釉薬のかかった壺は輸入に頼っており、特にフィリピンのルソン経由のものを呂宋(るそん)と呼びました。文字や紋様のない呂宋の真壺(まつぼ)を最も良いとしていました。

In the middle ages, Japan relied on imports for glazed jars.  Those came through the Philippines were called “ruson” (an old Japanese name for the Philippines).  Ruson jars without any writing or design (known as “matsubo“) were considered the best.

【参考・References】

http://ja.wikipedia.org/wiki/茶壷

新版表千家茶道十二か月(日本放送出版協会)(1985)